イノベーション戦略 Innovation Strategy

お客さま一人ひとりとより「深く、広く、長く」つながるために
(株)ワコールでは、2022年3月期までの3ヵ年を世界屈指のからだとこころ(嗜好)のデータを保有・活用する企業へ変貌する期間と位置づけ、多様化するお客さまの購買行動の変化に柔軟かつ迅速に対応するため、デジタルテクノロジーによる店舗サービスの革新や、店舗とEコマースの連携などを行う独自の「新規事業開発戦略」を推進しています。
 今後は、競合の追随できないサービス網の確立を目指し、新規事業開発戦略店舗の全国展開を進めるほか、蓄積されたパーソナルデータをもとに新商品・サービスを創出し、お客さま一人ひとりと「深く、広く、長く」つながる関係を築くことで、ブランド価値を高め、確かな成長を実現します。

ワコール版新規事業開発戦略が目指す姿
「お客さまと『より深く、広く、長く』つながる」仕組みづくり
深くインナーウェアだけでなく、スポーツウェアやパジャマ、水着、靴などといった商品、また、スクール活動や乳がん検診を通して、ワコールとの接点をより深く
広くお客さまを中心に、ご家族やご友人へワコールとの関係をより広く
長く就学、就職、結婚、出産など人生のさまざまなステージでワコールとのつながりをより長く

具体的な施策

時代のニーズに合った高品質な商品開発を進める姿勢はそのままに、一方、これまで培ってきたビューティーアドバイザーによる接客の強みをデジタル技術で進化させて、競合が追随できないサービスのネットワークを、新規事業開発にて実現していきます。

パーソナライズアプリ

個のお客さまとの接点の起点とも言える「パーソナライズアプリ」の開発による運用開始。ボディサイズや購入データの記録をベースに、お客さまの要望に対して適切な情報を提供するワコールとの双方向コミュニケーションの原点と位置づけています。

3Dボディスキャナー」、
「AI(人工知能)による相談端末」

実店舗において「3Dボディスキャナー」、「AI(人工知能)による相談端末」の設置。一般的に販売員のアプローチをストレスに感じるお客さまが少なくありません。3Dボディスキャナーは、瞬時に正確に110万ヵ所のサイズを測定しデータをアプリに共有することができます。またAIによる相談サービスは、アプリでも同様の実現を図ります。いつでもどこでも、欲しい商品や情報を検索することが可能になります。

「顧客カルテの電子化」と「接客タブレット」

ビューティアドバイザーの接客をサポートする「顧客カルテの電子化」と「接客タブレット」の導入促進。カルテの電子化によって、お客さまがどこの店舗を訪ねられても、瞬時に接客・購入履歴が更新可能となり、お客さまの時間やストレスだけでなく、販売員の事務的作業を軽減することができます。
一方、タブレット活用によって、相応しい商品を画面上で比較提案したり、その場でサイズやカラーごとの在庫状況を照会したり、お客さまにお待たせする時間の低減と同時に、販売員の効率的な配備を可能にします。

こうした一連のお客さま情報をアナログからデジタルに移行して一元管理を行います。
将来にわたって、一人ひとりのお客さま情報を解析することで、新しい商品開発や接客サービスの向上に活かします。
もっと気軽に自分に向き合い明日のキレイを測る。 3D smart & try